旅 病気

旅先で病気になったら


詳細はこちら
名字
メールアドレス

旅の途中で体調を崩したら

旅先で熱を出したり、病気になってしまうことがある。慣れない土地で日本語も通じない。心細い環境だ。しかし、こんな時にも大人バックパッカーとして最善の対応をしたいところだ。

病院に行くほどではないちょっとした風邪のような場合には、無理をせずにゆっくり休めばいい。ホテルに頼んで薬を手配する方法もある。多少の無理をしてでも行きたい場所があるかもしれないが、悪化した場合のことも考えなくてはならない。もう一度来ることができるのかどうか、この点も含めて安静にするか、無理をして後悔するリスクを取るかを検討したい。

寝ているだけで治りそうにないのであれば、病院のお世話になることに。この場合、ホテルで紹介してもらってもいいし、旅行保険のサポートデスクに連絡する方法もある。クレジットカードに付帯している旅行保険も含め、旅先で病気になった時の保険金の支払い条件は事前に確認しておきたいところだ。

国によっては、医療費が予想外に高額になることもある。このような場合には、保険が下りるかどうかが大きな問題になる。逆に医療費が安いのであれば、わざわざ保険金の手続きをする手間を省く方が得策ということもある。

タクシーに乗って、適当な病院まで走らせるという方法もあるが、できればホテルで聞いた方が外国人向けの病院を紹介してくれるので安心だ。

病院に行くほどではないが、薬を飲みたいという場合もある。日頃から使っている薬を持参していればベストだが、ない場合には現地で調達するしかない。日本人には海外の薬は強すぎるという話もあるが、背に腹は変えられないので仕方ないだろう。

事前に症状を翻訳して紙に書くなり、iPhone等に表示しておけば、薬局で症状を説明する際にも役に立つ。

旅先で病気になったら関連ページ

ジュハイでの流血事件
大人バックパッカーはトラブルを未然に防ぐ術に長けている。ひとたび問題が起きても、そこで適切に対応できるのが大人バックパッカーたるゆえんだ。
旅先で怪我をしたら
旅先で怪我をしてしまい、薬局や病院に行かなくてはならない時の注意点について。
飛行機のチェックインの時間に遅刻
航空会社のチェックインの時間に間に合わず、飛行機に乗り遅れそうになりながらも、無事に乗ることができた理由について。
治安情報は遅れてやってくる
旅先の街の治安はかつての情報がもとになっていて、実は大きく変わっていることが少なくない。実際に遭遇した街を例にしながらお伝えする。
東南アジアのトイレ事情
東南アジアに旅をするとトイレが汚くて苦労する。マレーシア移住者が語る対策とは?
日本語で話しかけてくる外国人
旅先で日本語を使って、あるいは妙に馴れ馴れしい態度で話しかけてくる外国人がいたら、犯罪に巻き込まれる危険を考えて警戒しなくてはならない。
飛行機に乗り遅れた
チェックインの時間に間に合わず、マカオ行きの飛行機に乗り遅れた時の体験談。その後に行った対応について。

ホーム RSS購読 サイトマップ
大人バックパッカーの秘密 海外ホテルの探し方 年に4回海外に行ける理由