治安情報

治安情報は遅れてやってくる


詳細はこちら
名字
メールアドレス

「治安が悪い街」は本当に危険?

海外に旅に出る時、不安な要素の1つに治安の問題がある。そこで情報を調べるため、ネットやガイドブックを使うわけだが、ここに大きな落とし穴がある。

治安情報というのは、最新のものではなく、基本的に何年も前の、下手をすると10年以上前のイメージが引きずられているということだ。しかし、現地の経済発展や政策によって治安が急激に改善されることは少なくない。そのため、過去には危険だった街と思って敬遠していたものの、訪れてみると意外に安全ということが少なくない。

たとえば、中国の深センと言えば10年近く前なら油断ならない街だったらしい。スリや置き引きはもちろん、青龍刀を持った強盗も多発していたという(当時中国に住んでいた人の情報)。しかし、現在では安全な大都市になり、先進国のような外観になっている。

あるいはマレーシアのジョホールバル。かつてはマレーシアの中で治安がもっともひどい街と言われていたらしいが、今では随分改善されている。その背景には国家プロジェクトでこの街を発展させるため、警官を増員したことも関係している。

ジャカルタに行った際も、裏通りに入ったりしなければ、特に怖い場所という感じはしなかった。もちろん、観光客が足を踏み入れるべきではない場所に行けば話は別だろうが、そうした無謀なことをしなければ、治安を理由に旅を避けなければいけない街ではないだろう。

こうした事情があるので、過去の情報だけで治安を測れないということは頭に入れておいた方がいい。特に日本人になじみの薄い街の場合、情報が更新されて行かないため、なおさら過去の治安状況が引きずられる傾向にある。

ただし、事件に巻き込まれてから後悔しても手遅れというのも紛れもない事実なので、警戒をおこたっていいという意味ではないので、その点は誤解しないでほしい。

旅の範囲を古い情報で制限することは、人生の可能性を狭めてしまうことに他ならない。そのため、「現在」に焦点を当ててほしい。

治安情報は遅れてやってくる関連ページ

ジュハイでの流血事件
大人バックパッカーはトラブルを未然に防ぐ術に長けている。ひとたび問題が起きても、そこで適切に対応できるのが大人バックパッカーたるゆえんだ。
旅先で怪我をしたら
旅先で怪我をしてしまい、薬局や病院に行かなくてはならない時の注意点について。
旅先で病気になったら
旅先で病気になった時、病院の手配や薬の調達をどのような方法で行うのがベストなのか?具体的な方法を挙げた。
飛行機のチェックインの時間に遅刻
航空会社のチェックインの時間に間に合わず、飛行機に乗り遅れそうになりながらも、無事に乗ることができた理由について。
東南アジアのトイレ事情
東南アジアに旅をするとトイレが汚くて苦労する。マレーシア移住者が語る対策とは?
日本語で話しかけてくる外国人
旅先で日本語を使って、あるいは妙に馴れ馴れしい態度で話しかけてくる外国人がいたら、犯罪に巻き込まれる危険を考えて警戒しなくてはならない。
飛行機に乗り遅れた
チェックインの時間に間に合わず、マカオ行きの飛行機に乗り遅れた時の体験談。その後に行った対応について。

ホーム RSS購読 サイトマップ
大人バックパッカーの秘密 海外ホテルの探し方 年に4回海外に行ける理由