香港

初の香港


詳細はこちら
名字
メールアドレス

香港を訪れてみた

香港空港からバスに乗り、ホテルのある九龍地区へ。アジア屈指の経済都市だけあって高層ビルが立ち並ぶが、古い建物が多い。この辺はシンガポールの方がきれいな印象を受ける。とは言え、山の中にコンドミニアムが立ち並ぶ姿は圧巻だ。

九龍地区に到着し、ホテルへチェックイン。その後、街中をブラブラとした。ショッピング・ストリートがすぐそこなので、そこを歩いているだけでも香港の繁栄ぶりの一端をうかがえる。





人の多さに付かれたので、途中で九龍公園へ行ってみた。香港のまっただ中にも関わらず、思いの外敷地は広いし、落ち着ける場所だ。驚いたことに、この九龍公園の中ではWifiが使える。香港政府がわざわざWifiを使えるようにしたらしい。試しにネットにつないでみたが、普通にサイトを見たりするには時間が掛かるが、緊急時のメールチェックぐらいなら役に立ちそうだ。

九龍公園内にはプールやスポーツ施設もあった。こういう空間があると生活しやすくなる。やはり都会ばかりでは息が詰まってしまうので。香港もなかなか住みやすそうだ。



夜は友人の泊まっているリッツカールトンで待ち合わせをして、隣接している地下のショッピングモール内で食事。それにしても、香港ではすっかり英語が通じなくなってしまったらしく、「リッツカールトン」と連呼しても通じないタクシーが続出。4台目でようやく行ってくれた。

香港が中国に返還されてから、どんどん英語が通じなくなっていると聞く。日本人が旅をする上で、これは面倒な問題だ。わざわざ書いてあるものを見せなくてはならない。

食事後は、客室のある部屋としては最上階(最上階はプールやバーのみで泊まれない)に泊まっている友人が部屋を見せてくれた。この香港のリッツカールトンは世界一高い場所にあるホテルで、ビルの高さは490メートルだそうだが、丘の上に建っているため、より高さが際立つ。世界一高い場所にあるホテルから眺める景色は・・・暗かった。あまりにも高さが違うと、香港の街の証明が十分に届かないらしく、全体に暗い。夜景がきれいというよりは、ちょっと寂しい感じだった。

「自分だけお金持ちになっても、周りが付いてきてくれないとつまらない。一緒に分かち合える仲間がいないと。」

その友人が普段から口にしている言葉を体現しているような光景だった。

初の香港関連ページ

バンコク、5つ星ホテル巡りの旅
用もないのに何度目かのバンコク旅行に行ってきた。終始観光もせずにフラフラしていたが、やはりこの街はいい。
アユタヤで祀られている神が・・・
マカオから急遽、タイのバンコク・アユタヤを訪れた時の旅のログ。寺院を巡っているうちに、予想外のものが祀られている現場に遭遇した。
ジャカルタのモナス・モスク・大聖堂
ジャカルタにてモナス(独立記念塔)、東南アジア屈指の大きさを誇るモスク、教会(大聖堂)を見てきた時の記録。
ジャカルタのボゴール植物園
ジャカルタの郊外にあるボゴール植物園を訪れた際の記録。途中で小さなぼったくりにもあった。
夜中にも大音量が鳴り響くジャカルタ
ジャカルタに泊まった際、深夜12時を過ぎても隣の建物の工事は続き、3件隣のセブンイレブンでも夜中までライブイベントが開かれていた。
クアラルンプールで初の東南アジアを体験
初めて東南アジアに行ったのは、マレーシアの中でもシンガポールの隣にある都市、ジョホールバルに移住するため、経由地であるクアラルンプールに寄った時だった。その時の模様をまとめた。
マカオのカジノ巡り
マカオのカジノ巡りをした時の記録。リスボア・グランドリスボア、サンズ、コタイ地区のヴェネチアン・ギャラクシー・City of Dreamsを回って見えてきたものとは。
広州・深センへ
ジュハイから広州・深センに初めて訪れた時の旅の記録。帰りには香港で航空券をめぐる問題も発生してしまった。
HSBC香港・中国銀行の口座開設の旅
HSBC香港・中国銀行の口座開設のために香港や深センを訪れた時の記録。本来の目的よりも、遊んでいた時間の方が長く、SOHOやランカイフォン、スタンレー等に行ってみた。

ホーム RSS購読 サイトマップ
大人バックパッカーの秘密 海外ホテルの探し方 年に4回海外に行ける理由