貧乏旅行 国内 海外

貧乏旅行をする子供バックパッカー


詳細はこちら
名字
メールアドレス

貧乏旅行は大人バックパッカーへの通過儀礼

国内旅行にしろ海外にしろ、貧乏旅行を楽しむ気持ちがないと子供バックパッカーの旅は厳しい。何しろ、安宿を渡り歩き、節約しながら日々を過ごすわけなので、そんなスタイルを楽しむ姿勢がないと精神的に参ってしまう。

バックパッカーというスタイルへの憧れは若者を中心に根強いものがある。しかし、実際に貧乏旅行を行なってみると分かるのは、かなり疲れるし不満も溜まるということ。

目の前にオシャレなカフェがあっても予算的に入れなかったり、毎回安宿を探しての貧乏旅行なので、ホテルに不満がたまったり、時には衛生面で不安を感じることもある。

食べ物にしても、その国の名物料理を食べるのは、子供バックパッカーの貧乏旅行では、国によって厳しいことも。ヨーロッパ各国を回りながら、大部分の国ではスーパーで買った食材を食べただけという結果に終わることもある。

貧乏旅行が悪いとは言わないが、やはり大人バックパッカーになるための通過儀礼としての意味合いが強いだろう。子供バックパッカーとして貧乏旅行を経験することで、余裕のある旅ができるようになってから、その有り難みに感謝することができるのだから。

貧乏旅行をする子供バックパッカー関連ページ

子供バックパッカーの宿泊するホテル
子供バックパッカーにとって、宿泊先となるホテルはシャンプーや歯ブラシ、時にはタオルや石鹸すら用意されていない安宿やユースホステル。しかもシングルの部屋は取れず、ドミトリー(相部屋)になることも。
子供バックパッカーの旅先の食事
子供バックパッカーにとって、食事は単なる楽しみではなく、大きな出費となる項目でもある。そのため、つつましい節約を余儀なくされてしまう。
子供バックパッカーの必需品
安宿に泊まらなければならない子供バックパッカーには必需品が多い。その多くは中級以上のホテルなら不要だが、お金を節約するために時間と労力を惜しまない旅のスタイルでは避けられないところだ。
中高年の子供バックパッカー
中高年になっても子供バックパッカーのようなスタイルの旅をしている人を見ると、どうしても痛々しさを感じてしまう。
イタリアでの野宿|子供バックパッカー時代の経験
イタリア、ミラノに到着した時にはすでに日付が変わっていた。真夜中の街にて野宿をして一夜を過ごすことになった時の体験談。
フリーアコモデーション|子供バックパッカー
フリーアコモデーションを楽しめるのは、子供バックパッカーならではの特権。宿泊費は無料になっても、割に合わない労働を強いられるのだから。
パリでホテル代が返ってこない|子供バックパッカー時代のトラブル
パリの東駅近くで戻ってくるはずのホテル代の返金がされなかった時の話。
地球の歩き方|子供バックパッカー時代の必需品
地球の歩き方は、子供バックパッカーとして各国を渡り歩いていた頃には必須のガイドブックだった。海外に出る時に必需品としていた本を、大人バックパッカーになってからは手にしなくなった理由とは?

ホーム RSS購読 サイトマップ
大人バックパッカーの秘密 海外ホテルの探し方 年に4回海外に行ける理由