バックパッカー 食事

子供バックパッカーの旅先の食事


詳細はこちら
名字
メールアドレス

子供バックパッカーの食事事情

子供バックパッカーにとって、食事はホテル代・交通費と並んで大きな出費となる項目。いかに安く済ませるか、そして地元らしいものを食べるかが焦点となる。

そのため、食事は極力ローカル色の強いレストランで食べることになる。レストランといっても、実態は屋台であったり、路上で営業していたりするわけだが。

物価の安い東南アジアでは、ローカルレストランなら100円程度から食事が可能なので、お金のないこどもバックパッカーには強い味方となる。これに対し、ヨーロッパやカナダなどになると、国によっては食費が高額になってしまうことも。

そんな時、子供バックパッカーは外食をあきらめ、スーパーで買ってきた食事で済ませることも。安宿にはキッチンが使えるところもあるので、自分で食材を調理して食べることもある。日本で見慣れない食材を購入してみたはいいものの、どう料理していいか分からず、持て余してしまうのは辛いところだ。

食事は安いことが前提となるので、おしゃれなレストランに入るのは子供バックパッカーには難しい。背伸びして入ってみたところで、明らかに周りと雰囲気が違う服装から、その場の空気を見だしてしまうことにもなりかねない。

「特別な食事はできなくても、旅先で現地の人が食べてるようなものを食べれれば満足」

そんな空元気を出しながら、今日も子供バックパッカーは慎ましい食事を取る。たまには落ち着いたレストランで食事がしたいと思っても、それを実現するだけの経済力がないのだから。

子供バックパッカーの旅先の食事関連ページ

子供バックパッカーの宿泊するホテル
子供バックパッカーにとって、宿泊先となるホテルはシャンプーや歯ブラシ、時にはタオルや石鹸すら用意されていない安宿やユースホステル。しかもシングルの部屋は取れず、ドミトリー(相部屋)になることも。
貧乏旅行をする子供バックパッカー
日本国内や海外への貧乏旅行を経験することは、もう一歩進んだ大人の旅人になるため、子供バックパッカーが経験する通過儀礼の意味合いが強い。
子供バックパッカーの必需品
安宿に泊まらなければならない子供バックパッカーには必需品が多い。その多くは中級以上のホテルなら不要だが、お金を節約するために時間と労力を惜しまない旅のスタイルでは避けられないところだ。
中高年の子供バックパッカー
中高年になっても子供バックパッカーのようなスタイルの旅をしている人を見ると、どうしても痛々しさを感じてしまう。
イタリアでの野宿|子供バックパッカー時代の経験
イタリア、ミラノに到着した時にはすでに日付が変わっていた。真夜中の街にて野宿をして一夜を過ごすことになった時の体験談。
フリーアコモデーション|子供バックパッカー
フリーアコモデーションを楽しめるのは、子供バックパッカーならではの特権。宿泊費は無料になっても、割に合わない労働を強いられるのだから。
パリでホテル代が返ってこない|子供バックパッカー時代のトラブル
パリの東駅近くで戻ってくるはずのホテル代の返金がされなかった時の話。
地球の歩き方|子供バックパッカー時代の必需品
地球の歩き方は、子供バックパッカーとして各国を渡り歩いていた頃には必須のガイドブックだった。海外に出る時に必需品としていた本を、大人バックパッカーになってからは手にしなくなった理由とは?

ホーム RSS購読 サイトマップ
大人バックパッカーの秘密 海外ホテルの探し方 年に4回海外に行ける理由