バックパッカー 宿泊 ホテル

子供バックパッカーの宿泊するホテル


詳細はこちら
名字
メールアドレス

子供バックパッカーの宿泊先

子供バックパッカーの宿泊先といえば安宿やユースホステル。各都市に行っては、1ドルでも安いホテルを探して、さまようこともしばしば。

シングルの部屋に泊まれれば上等な旅で、ドミトリー(相部屋)に宿泊することも。そこでは世界各国から集まった旅行者とのコミュニケーションが取れる反面、盗難たプライバシーを確保できないという問題も。

ホテルは寝るところと割り切って、豪華さや快適さ、スタッフの丁寧な対応など切り捨てなければならない子供バックパッカーにとって、旅とは試練でもある。いかに劣悪な環境に耐えていくか、忍耐力が求められるのだ。

そんな安宿の中にはシャンプーや歯ブラシはもちろん、石鹸やタオルすらないことも。ユースホステルならシーツも貸出が有料だったりする。それらの費用を浮かせるため、子供バックパッカーはわざわざ自分で持参しなくてはならない。移動中、シャンプーが漏れてしまい、他の荷物を台無しにしてしまうアクシデントも・・・

「安さ」を追求して宿泊先を求める子供バックパッカーにとって、安らぎを旅の中に求めるのは難しい。どんどん消耗していくか、人によっては劣悪な生活環境に慣れて平気になっていくことになる。

そして、旅が終わってしばらく時間がたち、当時の思い出を冷静に回想できるようになった時に思うことになる。「もうあんな旅はできない」「もうちょっと人間らしい生活がしたい」と。

子供バックパッカーの宿泊するホテル関連ページ

子供バックパッカーの旅先の食事
子供バックパッカーにとって、食事は単なる楽しみではなく、大きな出費となる項目でもある。そのため、つつましい節約を余儀なくされてしまう。
貧乏旅行をする子供バックパッカー
日本国内や海外への貧乏旅行を経験することは、もう一歩進んだ大人の旅人になるため、子供バックパッカーが経験する通過儀礼の意味合いが強い。
子供バックパッカーの必需品
安宿に泊まらなければならない子供バックパッカーには必需品が多い。その多くは中級以上のホテルなら不要だが、お金を節約するために時間と労力を惜しまない旅のスタイルでは避けられないところだ。
中高年の子供バックパッカー
中高年になっても子供バックパッカーのようなスタイルの旅をしている人を見ると、どうしても痛々しさを感じてしまう。
イタリアでの野宿|子供バックパッカー時代の経験
イタリア、ミラノに到着した時にはすでに日付が変わっていた。真夜中の街にて野宿をして一夜を過ごすことになった時の体験談。
フリーアコモデーション|子供バックパッカー
フリーアコモデーションを楽しめるのは、子供バックパッカーならではの特権。宿泊費は無料になっても、割に合わない労働を強いられるのだから。
パリでホテル代が返ってこない|子供バックパッカー時代のトラブル
パリの東駅近くで戻ってくるはずのホテル代の返金がされなかった時の話。
地球の歩き方|子供バックパッカー時代の必需品
地球の歩き方は、子供バックパッカーとして各国を渡り歩いていた頃には必須のガイドブックだった。海外に出る時に必需品としていた本を、大人バックパッカーになってからは手にしなくなった理由とは?

ホーム RSS購読 サイトマップ
大人バックパッカーの秘密 海外ホテルの探し方 年に4回海外に行ける理由