地球の歩き方

地球の歩き方|子供バックパッカー時代の必需品


詳細はこちら
名字
メールアドレス

地球の歩き方がバイブルだった時代

子供バックパッカー時代、慣れない海外に浮かれて出ていく時には、必ず行く先々で地球の歩き方を広げていた。時に地図を見て、時にそれぞれの観光スポットの説明に目を走らせる。当時の旅の中で、地球の歩き方は必需品であり、必ず持ち歩いている本だった。

地球の歩き方には、安全に旅を進めていくための情報が載っていた。そこに掲載されている情報に従えば、とりあえずは旅をすることができた。経験も知識もない子供バックパッカーにとって、守護神のような役割だったのかもしれない。

それが大人バックパッカーになった今、地球の歩き方を手にすることがなくなった。その理由とは何なのか?

他のガイドブックにくら替えしたわけではない。単純に、ガイドブックを持ち歩くという旅のスタイルではなくなってしまったことが原因だ。旅先でパソコンが使える環境においては、わざわざ行き先の地域に対応した地球の歩き方を入手する必要すらなくなってしまった。

海外に住んでいるということもあり、地球の歩き方を手に入れるのも一苦労だし、そんな手間をかけなくてもガイドブック代わりのサイトなんていくらでも見つかってしまうのが現代の旅。もはや地球の歩き方だけが手引きではないのだ。

とは言え、今でも懐かしく思い出すことがある。地球の歩き方を握りしめ、自分の居場所が地図のどこに当たるのか、必死に解読しようとしていた頃を。たまには地球の歩き方を手にして旅をするのもいいのかもしれない。

地球の歩き方|子供バックパッカー時代の必需品関連ページ

子供バックパッカーの宿泊するホテル
子供バックパッカーにとって、宿泊先となるホテルはシャンプーや歯ブラシ、時にはタオルや石鹸すら用意されていない安宿やユースホステル。しかもシングルの部屋は取れず、ドミトリー(相部屋)になることも。
子供バックパッカーの旅先の食事
子供バックパッカーにとって、食事は単なる楽しみではなく、大きな出費となる項目でもある。そのため、つつましい節約を余儀なくされてしまう。
貧乏旅行をする子供バックパッカー
日本国内や海外への貧乏旅行を経験することは、もう一歩進んだ大人の旅人になるため、子供バックパッカーが経験する通過儀礼の意味合いが強い。
子供バックパッカーの必需品
安宿に泊まらなければならない子供バックパッカーには必需品が多い。その多くは中級以上のホテルなら不要だが、お金を節約するために時間と労力を惜しまない旅のスタイルでは避けられないところだ。
中高年の子供バックパッカー
中高年になっても子供バックパッカーのようなスタイルの旅をしている人を見ると、どうしても痛々しさを感じてしまう。
イタリアでの野宿|子供バックパッカー時代の経験
イタリア、ミラノに到着した時にはすでに日付が変わっていた。真夜中の街にて野宿をして一夜を過ごすことになった時の体験談。
フリーアコモデーション|子供バックパッカー
フリーアコモデーションを楽しめるのは、子供バックパッカーならではの特権。宿泊費は無料になっても、割に合わない労働を強いられるのだから。
パリでホテル代が返ってこない|子供バックパッカー時代のトラブル
パリの東駅近くで戻ってくるはずのホテル代の返金がされなかった時の話。

ホーム RSS購読 サイトマップ
大人バックパッカーの秘密 海外ホテルの探し方 年に4回海外に行ける理由