フリーアコモデーション

フリーアコモデーション|子供バックパッカー


詳細はこちら
名字
メールアドレス

フリーアコモデーションってどう?

ホテルで働くことと引換えに、宿泊費を無料にしてもらうのはフリーアコモデーション。要するに、バイト代をお金でもらわずに、宿泊する権利としてもらうというものだ。

節約が第一の子供バックパッカーにとって、フリーアコモデーションという制度は魅力的だ。何しろ、旅の出費の中でも大きいのがホテル代、移動代、食費の3つなのだから。宿によっては朝食が付いていることがあるし、中には夕食が付いているケースさえあるのだから、滞在費が大きく浮くことになる。

ただし、フリーアコモデーションで課せられる仕事というのは、主にホテル内の掃除やベッドメイキングといった単純作業に該当する仕事。言葉もろくに通じない旅人に任せる仕事なので、それも仕方ないことだが、割が良い仕事とは言えない。

純粋に対価を得るための労働としては割に合わないことも多いフリーアコモデーションだが、旅先で現地の人と触れ合う機会として、それ自体を楽しむのであれば悪くはない考えだろう。

お金を稼ぎだす力を身に付けてしまった大人バックパッカーとしては、フリーアコモデーションは魅力的には映らない。何しろ、発展性のない仕事をした上に、泊まれるのは安ホテルなのだから(高級ホテルはスタッフも教育されているため、旅人に臨時で仕事をさせたりはしない)。

フリーアコモデーションもまた、子供バックパッカーの時代ならではの楽しみと言えるだろう。

フリーアコモデーション|子供バックパッカー関連ページ

子供バックパッカーの宿泊するホテル
子供バックパッカーにとって、宿泊先となるホテルはシャンプーや歯ブラシ、時にはタオルや石鹸すら用意されていない安宿やユースホステル。しかもシングルの部屋は取れず、ドミトリー(相部屋)になることも。
子供バックパッカーの旅先の食事
子供バックパッカーにとって、食事は単なる楽しみではなく、大きな出費となる項目でもある。そのため、つつましい節約を余儀なくされてしまう。
貧乏旅行をする子供バックパッカー
日本国内や海外への貧乏旅行を経験することは、もう一歩進んだ大人の旅人になるため、子供バックパッカーが経験する通過儀礼の意味合いが強い。
子供バックパッカーの必需品
安宿に泊まらなければならない子供バックパッカーには必需品が多い。その多くは中級以上のホテルなら不要だが、お金を節約するために時間と労力を惜しまない旅のスタイルでは避けられないところだ。
中高年の子供バックパッカー
中高年になっても子供バックパッカーのようなスタイルの旅をしている人を見ると、どうしても痛々しさを感じてしまう。
イタリアでの野宿|子供バックパッカー時代の経験
イタリア、ミラノに到着した時にはすでに日付が変わっていた。真夜中の街にて野宿をして一夜を過ごすことになった時の体験談。
パリでホテル代が返ってこない|子供バックパッカー時代のトラブル
パリの東駅近くで戻ってくるはずのホテル代の返金がされなかった時の話。
地球の歩き方|子供バックパッカー時代の必需品
地球の歩き方は、子供バックパッカーとして各国を渡り歩いていた頃には必須のガイドブックだった。海外に出る時に必需品としていた本を、大人バックパッカーになってからは手にしなくなった理由とは?

ホーム RSS購読 サイトマップ
大人バックパッカーの秘密 海外ホテルの探し方 年に4回海外に行ける理由